不動産関係の支払い方

不動産でのカードについて

不動産取引でのクレジットカード

不動産取引の場面で金銭が授受されるのは、土地の売り主との登記簿謄本(登記事項証明書)や公図・測量図を介した2回目の面談で、取引を具体的にすすめるための契約が始まり、100万円程度の手数料が買い主から売り主に支払われ仮契約となります。もしこのような取引でクレジットカードを使うとしますとこの場面ですが、売り主が事業者でない場合はこの取引は成立しません。もし不動産関係事業者であっても、このような取引にクレジットカードを使うことはまれですので、通用しないことが多いようです。もし利用できたとしても、一度の利用限度額がカードによって違いますが30万円程度だったと思います。もしゴールドカードで限度額100万円であっても、かなり高額な返済額になりますので、避けるのが賢明だともわれます。

王子 マンションはこちらを参考にしてください。景色の良さもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

家賃のクレジットカード払い

クレジットカードで買い物や食事、電気料金や携帯電話料金を支払うという人は多いでしょう。ポイントが貯まるので現金で支払うより断然お得です。賃貸住宅に住んでいる場合、生活費の中では家賃が最も支払額が大きくなります。これまで一般的な家賃の支払い方法は、銀行振り込みや引き落とし、手渡しなどでしたが、不動産会社によってはクレジットカードでの支払いができる場合もあります。家賃は毎月数万円という単位ですから、大量のポイントが毎月貯めることができます。もし従来のような銀行振り込みや引き落としなどのままですと、ポイントをみすみす逃していることになります。カード払いが可能なら支払い方法を変更するといいでしょう。ただし、どの物件でも可能というわけではないので、不動産屋に聞いておく必要があります。

不動産とカード払いの情報