不動産取引の専門家

不動産取引の相談をする時

不動産取引でのコンサルティング

不動産取引ではいろいろな新規を体験することがあり、慣れていればいいのですが、初めての場合の情報収集は不可欠となります。取引に関する情報収集の方法としては、書籍・インターネット上のサイトが第一にあげられます。その他、工務店や建築事務所、その他関係事業者にアドバイスをもらったり、利益に関係しないセミナーに参加する方法が考えられます。そんな中で、慎重に不動産取引をすすめたい場合、専門家のコンサルティングを受けるという方法が出てきます。司法書士と同じく、2万円から3万円かかるようですが、数千万円の取引を考えますと、投資額として妥当だと考えることができます。

土地や建物のコンサルティング

不動産のコンサルティングとは国土交通大臣認定の資格が必要で、登録するには技能試験に合格する必要があります。登録の用件は宅地建物取引主任者資格登録後、又は鑑定士登録後5年以上の実務経験を要します。最近賃貸や売買に留まらず複雑化した多様なニーズに対応すべく、高度な専門性並びに十分な経験を有することを保証するものとして設けられた技能資格で、有効活用や投資内容も含まれています。内容は土地や建物の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について市場調査、分析を行い依頼者から不動産の最善の選択や意思決定ができるように企画、調整、提案する業務となっている。

不動産とカード払いの情報